コンタクトや眼鏡を使わない生活をあきらめていませんか? トレーニングや治療によって、視力を回復させることはできるのです!

TOP > レーシック治療法 > レーシックが適さない方もいます

レーシックが適さない方もいます

レーシックを受けられないケースがあります

 

今、現在最も即効性があり、かつ信頼できるとされるレーシック治療ですが

残念ながら手術を受けれない方もおられます。

レーシック希望者のうちおよそ、20%近くの方が、さまざまな理由のため

手術を断念しているようです。それはどういった理由でなのか?

 

① 目の疾患でレーシック治療ができないもの

  ・白内障

  ・緑内障

  ・円錐角膜

  ・網膜疾患

  ・眼ヘルペス

 

② 角膜やその他、目の状態によってレーシック治療ができないもの

  ・超高度近視

  ・角膜に厚みがない

  ・角膜の径が極端に小さい

 

③ 目の疾患でレーシックは受けられるが特別な注意が必要なもの

  ・アレルギー性結膜炎

  ・非常に重度のドライアイ

  ・内皮細胞減少(ただし、内皮細胞密度が一定量以上の場合)

 

その他、RKやPRKなどの屈折矯正手術後の方に対しても、一定条件を満たした

場合は可能となります。

  


BBS7.COM
MENURNDNEXT

視力回復掲示板
  • SEOブログパーツ