コンタクトや眼鏡を使わない生活をあきらめていませんか? トレーニングや治療によって、視力を回復させることはできるのです!

TOP > レーシック治療法 > 手術を詳しく説明します

手術を詳しく説明します

手術中もおしゃべりできる

"手術"と言う言葉で、服を脱がされた患者さんがベットに寝かされ、

その周りを何人もの医師や看護師などが取り囲んでいる・・・

と言うような光景を想像している方もおられるかも知れません。

しかし、レーシック手術はその様なものではありません。

では、手術室ではどのような行程で行われるのか、その手順について説明しましょう。

 

①麻酔  

   レーシックでは手術室に入る前に目薬による麻酔をします。

   注射などではありませんので、これによって痛みを感じることはありません。

   また、麻酔を済ますと目の周囲をイソジンで消毒します。

 

②ドレーピング

   手術室に入ると、エキシマレーザー装置に付属するベットに仰向けに寝て頂き、

   今度は顔の上に、目の部分だけが開いたドレープ(ビニールのカバー)を当て、

   まつ毛が目に入らないようにします。さらに開瞼器をセットし、手術中に目が

   開かないようにします。

 

③フラップの作成

   マイクロケラトームというカンナのような役割をする精密機器を角膜の上にのせ、

   角膜を吸引して眼圧を高めた後。フラップを作成します。

   この際、フラップの端の部分は残しておくため、そこを支点に削った上皮をめくります。

   

④エキシマレーザーの照射

   角膜表面の水分を拭き取り、角膜の中央部(角膜実質)にエキシマレーザーを照射

   します。この段階では、患者さんの視界には赤い点が見えるようになっていますので

   その点を凝視します。レーザー照射中はパチパチと言う音がして、少しだけ焦げくさい

   においがするのですが、心配はいりません。角膜を熱で焼くのではなく、細胞より

   小さい単位で飛ばす際の音やにおいです。もちろん麻酔が効いていますので、

   痛みも刺激もありません。このレーザーの照射量は個人個人により近視や乱視の

   度合いにより違ってきます。

 

⑤フラップの作成

   レーザーの照射が終わると、フラップと角膜の両方を、間に異物が残らないように洗浄

   し、フラップを開いた本を閉じるような要領で元の位置に戻します。

   この際には接合面をちゃんと合わせ、上からスポンジ状のものでなぞって、フラップに

   しわが寄らないようにします。そして感染症予防のための抗生物質を点眼します。

   

⑥フラップの密着を確認

   フラップは自然に密着するのですが、数分後には外れる可能性があるので、

   しばらくはそのままでお休みいただくことになります。その後、顕微鏡で

   フラップの密着状態と異物がないかどうかを確認し、手術は終了です。

 

⑦あまりの簡単さに驚きます

   手術後は目がしょぼしょぼした感覚がありますが、数分もすれば目が開けられる

   ようになります。早い方は手術後すぐに視力が回復し、手術室を出る段階で、

   以前との視力の違いに驚かれることもあります。念のため約三十分くらい、

   様子を見て帰ることができます。

 

 これらの手術に要する時間は、両眼でわずか十分あまり、しかし

 それこそがレーシックなのです。

 

   


BBS7.COM
MENURNDNEXT

視力回復掲示板
  • SEOブログパーツ