コンタクトや眼鏡を使わない生活をあきらめていませんか? トレーニングや治療によって、視力を回復させることはできるのです!

TOP > 視力回復のために > 目を休めていますか?

目を休めていますか?

常日頃から目を休める習慣  

 

日常生活の中で、目を休めると言う事は、なかなか出来ないかも知れません。

第一、人それぞれお仕事やら、家事、学業、娯楽と、なにかとやることがあります。その中で、目を休めるのはホントに寝るときだけだと思います。現代においては、パソコンの急速な普及率にテレビの大型化というふうに何かにつけ、目に負担のともなうものが多いです。

 

「目が多少疲れたな。」,,,   何らかの異変を目に感じ取ったとしても、その程度でしかないのは? 確かにたかが目の疲れ、目に多少の違和感(ショボショボする、痒い、軽い充血)など誰もが感じてることであると考えます。

しかし、このまま放っておいてはいけません。何もなければすべてよし。確かにそうでしょうが、目というものは非常にデリケートにできてます。ある意味、人間のからだのなかで1番デリケートではないかと思います。そして、その1番弱い部分をいたわらない、 と言うのはどうでしょうか。真っ先に大事にしていかなければならない機関ではないかと思いますが、人間、勝手なものでしていたわるどこか、あらゆる場面で酷使しているのも目ではないでしょうか?

当然、疲れてきます。腕や肩、足腰に疲れを感じるように、目というのも使うと、疲れてしまいます。

疲れ目、と言うのが始まリです。

何事にも疲れると言う事は、あります。目が疲れる事も当たり前です。その時、たとえ半日でも目に負担のかからない状態で、目をリフレッシュしたことなどありますか?

これは大事なところです。

 

まず、目と言うのは事故やアクシデントは別として、何かが起これば自己管理不足で終わってしまうでしょう。疲れ目と言う事は、このまま放っておいたら大変なことになりますよ!というサインでしかないのです。そのサインを真面目に実行できるのは難しいでしょうし、だけど、何かがあれば一生をボウに振ることになりかねません。疲れ目、というのは常に意識しておきましょう。この「疲れ目」と言う事が、常に意識しておかなければならない怖いところです。なぜか? 疲れ目から、はじまる眼病が多いし、科学的にも立証されています。疲れ目とは? まずそこから、学んでいきましょう。

 

 

shiryoku11.jpg 


BBS7.COM
MENURNDNEXT

視力回復掲示板
  • SEOブログパーツ