コンタクトや眼鏡を使わない生活をあきらめていませんか? トレーニングや治療によって、視力を回復させることはできるのです!

TOP > なぜ視力が低下するのか? > 疲れ目から眼精疲労へ

疲れ目から眼精疲労へ

疲労を蓄積するのと回復するのでは差が大きい

 

 

私たちの体は、使えば必ず疲労するようにできています。たとえば、思いきり運動した後には、腕や足が筋肉痛になるでしょう。目の疲れも、基本的にはこれと同じ現象といえるのです。「目が疲れきって筋肉痛を起こしている」と考えれば分かりやすいでしょう。運動の場合も眼の場合もそうですが、トータルの運動量が一定ラインを超えると、体が「もう活動をやめて休息せよ」というシグナルを発します。運動なら筋肉痛として、目なら疲れ目の諸症状として現れるのが、このシグナルです。運動した後に筋肉痛になれば、たいていの人は休養をとったりッサージを行ったりして、疲労の回復と症状の緩和に努めます。

これに対し疲れ目の場合はこれほどのケアを施すことはまずないでしょう。そして、疲れが解消しないままの状態でさらに酷使を続け、疲労蓄積することになります。疲れ目を「休み」のシグナルであることを認識し、改善策を講じなければ、症状はよくなりません。

そのまま大丈夫だろうと放っておくと眼精疲労という事になりかねません。

 

 

 

ストレス

 

眼精疲労は目と精神の健康状態が密接に結びついておこる症状です。しかし、目と精神的な問題が関係するのは、重症化した眼精疲労だけではありません。この段階に至らなくても、この二つは相互的にかかわっています。目が疲れて来ると、イライラしたり怒りっぽくなったりすると言う経験は皆さんにもあると思います。その原因を考えてみると、目の疲れや不快感自体が嫌な気持ちにさせることが挙げられますが、それ以上に問題なのは、見えづらさを我慢して作業をすると、集中力が散漫になったり、ミスが多くなったりすることを警戒して、普段より精神的な緊張感が高まることです。これと言って具体的な原因が見当たらないのにストレスがたまる場合は目の疲れと結び付けて対策を講じることも必要です。

 

 

 

Q精神的ストレスが高まって疲れ目を引き起こすと言う事もありますか?

 

Aストレスが疲れ目を促進することもあります。

 

 

shiryoku9.jpg 

 

 

 

 

 

  

 


BBS7.COM
MENURNDNEXT

視力回復掲示板
  • SEOブログパーツ