コンタクトや眼鏡を使わない生活をあきらめていませんか? トレーニングや治療によって、視力を回復させることはできるのです!

TOP > 視力回復のために > 目のしくみを知る

目のしくみを知る

目のしくみを知る

 

「物を見る」という一連の機能は、簡単に言うと外界から目に入ってきた光を神経を介して脳に伝え、視覚情報として処理し、そこで初めて映像として認識する作業です。私たちがものを見るためには、まず眼球を正しい方向に向けなければなりません。このときの眼球の位置を調整するのが「外眼筋」です。

 

  目のしくみ.jpg

 

次に、目は対象物の視覚情報を目の内部に取り入れます。

目の中に入ってきた光情報は、角膜と水晶体という2つのレンズにを通る時に適度に屈折して、目の一番奥の網膜上に集められます。2つのレンズのうち、水晶体は近くのものを見るときには厚く、遠くのものを見るときには薄くなって、光の屈折度を調整します。この変化を調節しているのが、「毛様体筋」です。

またものを見るためには、環境に応じて光量を調節することが必要です。光の入り口の瞳孔を開いたり縮めるとき働くのが、「瞳孔括約筋」と「瞳孔散大筋」です。物を見るのに必要な調節機能をつかさどるこれらの筋肉が、実は疲れ目に深くかかわっているのです。

 

 Q, 目を酷使して筋肉がつかれ始めると、どんな症状が現れるのですか

 

 A、 物が二重に見える「復視」や鈍痛が起こったり、物がかすんだり、まぶしさを

    感じたりします。

 


BBS7.COM
MENURNDNEXT

視力回復掲示板
  • SEOブログパーツ