コンタクトや眼鏡を使わない生活をあきらめていませんか? トレーニングや治療によって、視力を回復させることはできるのです!

TOP > コンタクトレンズは視力回復になるのか > コンタクトレンズの知識

コンタクトレンズの知識

さまざまな種類があるコンタクトレンズ ~メリットとデメリット~

 

かつては、コンタクトレンズといえば「ハード」「ソフト」という選択肢しか

ありませんでした。今では使い捨てるタイプもあるなど種類も豊富になり

ました。自分はどのタイプを選べばよいのか、以下にあげたそれぞれの特

徴を参考に考えてみてください。

 

 

【ソフトコンタクト】

HEMAというやわらかい素材でつくられ、含水量が多い。

矯正視力・・・良 ハードよりはやや劣る

装用感・・・すぐれている

装用時間・・・終日(一部連続)

取扱・・・面倒

汚れ・・・やや多い

寿命・・・1年程度

費用・・・やや高め

〇メリット

・異物感が少なく装用感がよい

・水分を多く含むので角膜が障害されにくい

・連続装用ができるものが多い

×デメリット

・乾燥に弱い

・変形、破損しやすい

・汚れやすい

・角膜や結膜の炎症に気づきにくい

・細菌感染症やアレルギー性結膜炎に対する注意が必要

・ドライアイ対策が必要

 

【ハードコンタクト】

PMMAという硬い素材でつくられ屈折矯正の効果が高い。

矯正視力・・・すぐれている

装用感・・・良

装用時間・・・終日

取扱・・・簡単

汚れ・・・少ない

寿命・・・長い

費用・・・安い

〇メリット

・矯正力が高い

・丈夫でレンズの変形が少ない

・長時間使える

・角膜におきた異常に気がつきやすい

×デメリット

・連続装用ができない

・ずれたりはずれたりすることがある

・入手困難になりつつある

 

【酸素透過性ハードコンタクト】

従来のハードコンタクトレンズのフッ素樹脂とシリコン系樹脂を加え、

酸素を通しやすくしたもの。

矯正視力・・・すぐれている

装用感・・・良

装用時間・・・終日(一部連続装用)

取扱・・・やや面倒

汚れ・・・やや多い

寿命・・・1年程度

費用・・・やや高め

〇メリット

・ハードコンタクトより装用感がよい

・酸素を通すので角膜への障害が少ない

・酸素透過率の高いレンズなら連続装用が可能

・角膜におきた異常に気がつきやすい

×デメリット

・変形、破損しやすい

・汚れや傷がつきやすい

 

【ディスポ】

型に液体を流し込んでつくるため、大量生産が可能。ソフトコンタクト

の一種で、装用の仕方によって以下の3タイプに分かれる。

矯正力・・・良

装用感・・・すぐれている

装用時間・・・終日(一部連続装用)

取扱・・・簡単

汚れ・・・少ない

寿命・・・短い(使い捨て)

費用・・・高め

 

■1日使い捨てタイプ

〇メリット

・使い捨てるため消毒、洗浄など汚れ対策が不要

・レンズの汚れや細菌感染の心配がいらない

×デメリット

・連続装用ができない

・コストが割高

・角膜の異常に気づきにくい

・細菌感染やアレルギー性結膜炎に対する注意が必要

・ドライアイ対策が必要

・強度の屈折異常、白内障の手術をしたことのある人、結膜炎のある人、

涙の少ない人は使えない

 

■1~2週間連続装用タイプ

〇メリット

・最長1週間の連続装用が可能

・消毒、洗浄など汚れ対策が必要

・24時間視力を保てる

×デメリット

・連続装用のため角膜に炎症がおきやすい

・比較的割高。ケア用品の費用がかかる

・毎日消毒が必要

・角膜の炎症に気づきにくい

・細菌感染やアレルギー性結膜炎に対する注意が必要

・ドライアイ対策が必要

・強度の屈折異常、白内障の手術をしたことのある人、結膜炎のある人、

涙の少ない人は使えない

 

■終日装用2週間交換タイプ

〇メリット

・消毒、洗浄など汚れ対策が不要

×デメリット

・連続装用ができない

・比較的割高。ケア用品の費用がかかる

・毎日消毒が必要

・角膜の炎症に気づきにくい

・細菌感染やアレルギー性結膜炎に対する注意が必要

・ドライアイ対策が必要

・強度の屈折異常、白内障の手術をしたことのある人、結膜炎のある人、

涙の少ない人は使えない

 


BBS7.COM
MENURNDNEXT

視力回復掲示板
  • SEOブログパーツ