コンタクトや眼鏡を使わない生活をあきらめていませんか? トレーニングや治療によって、視力を回復させることはできるのです!

TOP > コンタクトレンズは視力回復になるのか > コンタクトレンズをつくる

コンタクトレンズをつくる

コンタクトレンズの装用に必要な検査

 

目に密着するコンタクトレンズを作る際にはとくに精密な検査が必要になります。コンタ

クトレンズの処方を希望して眼科に行くと、まず「前眼部検査」で角膜や結膜に炎症は

ないか、逆さまつげかどうか、まばたきに異常はないか調べます。またあわせて行われ

る涙の量や質を調べる「涙液検査」も重要です。涙が少ないところにコンタクトレンズを

かぶせると、角膜に十分な酸素と栄養素が行き渡らず、角膜の炎症を引き起こしやすく

なるためです。そしてコンタクトレンズが直接触れる部分だけでなく、網膜の異常がない

かどうかも「眼底検査」で調べます。

これらの検査でコンタクトレンズの装用に問題がないと診断されたら、いよいよ目にあっ

たレンズを処方するための検査を行います。まず「屈折検査」で裸眼の屈折度をはかっ

て適切な度数を決め、次にレンズのサイズとカーブのきつさを決めるために角膜の大き

さやかたちを調べます。こうして割り出された度数、大きさのレンズをはめてみてサイズ

や涙の状態を確認し、問題がないとなってはじめて処方箋が出されるのです。このとき

正しい使用法について取り決め事項をまとめた承諾書を医師と交わすことになります。

そして検査はこれで終わりというわけではありません。コンタクトレンズを使用している

間は、医師の指示に従って必ず決められた時期に定期検査を受けなくてはならないの

です。

 

 

コンタクトレンズをつくる際には、次のような検査が行われる

 

■前眼部検査

・角膜や結膜に炎症がないか

・逆さまつげかどうか

・まばたきに異常がないか

 

■涙液検査

・適切な量の涙があるか

 

■眼底検査

・網膜に異常はないか

 

■屈折検査(角膜の大きさ、かたちに関する検査)

・適正な矯正視力はいくつか

・レンズのサイズに関係する「角膜直径」をはかる

・レンズのカーブ「角膜曲率半径」をはかる

 

以上のような検査を経て、自分に合ったレンズがつくられるが、

使用開始後も定期検査が必要!!

 


BBS7.COM
MENURNDNEXT

視力回復掲示板
  • SEOブログパーツ