コンタクトや眼鏡を使わない生活をあきらめていませんか? トレーニングや治療によって、視力を回復させることはできるのです!

TOP > コンタクトレンズは視力回復になるのか > 目を乾きから守るために

目を乾きから守るために

コンタクトレンズ、ドライアイ、パソコンの関係

 

ドライアイの人やパソコン業務に従事している人には、コンタクトレンズは向かないと

『コンタクトレンズについて』に記載しました。しかし、職業上の都合などから簡単にコ

ンタクトをやめるわけにはいかない人も多いようですので、少しでも目の負担を軽くす

るための方法を考えてみましょう。

 

こうした条件でコンタクトレンズを使うときに問題となるのは、目の表面が非常に乾き

やすくなるということです。涙が減って目の表面に十分な潤いがなくなると、汚れがつ

きやすなって角膜が傷つき、痛みやかゆみの原因になったり、角膜に酸素、栄養が行

き渡らなくなるなど、さまざまな弊害が起きます。なぜこうなってしまうのでしょうか。

 

コンタクトレンズにはさまざまなタイプがありますが、なかでも含水量の多いタイプには

水分が蒸発しやすく、乾きはじめるとレンズの歪みが出やすくなるという特徴がありま

す。これに加えて、レンズ表面を覆っている涙の層もごく薄いので、乾燥しやすくなるの

です。また。パソコン作業時には、モニターの細かい文字を追うことになるため、まばた

きの回数が極端に減って、涙の分泌が激減します。さらに、最近のオフィスは一年中

エアコンを使っているために非常に乾燥しています。こうした条件がそろいやすいため

に、コンタクト使用者のトラブルが多くなるというわけです。

 

目の被害を少しでも減らすためには、作業時だけは眼鏡をかけるようにするのが一番

ですが、それ以外にも以下に記載した方法を実践し、目の負担を減らすようにしましょう。

 

 

コンタクトをつけたまま長時間パソコン業務

を続けると目の表面が乾きやすくなる!!

目の被害を最小限に抑えるために

①まばたきを意識的に行う

②室内の湿度を調整する

③エアコンの風を直接目に受けない

④防腐剤の入っていない目薬をさす

 


BBS7.COM
MENURNDNEXT

視力回復掲示板
  • SEOブログパーツ