コンタクトや眼鏡を使わない生活をあきらめていませんか? トレーニングや治療によって、視力を回復させることはできるのです!

TOP > コンタクトレンズは視力回復になるのか > 目薬の正しい選び方・使い方

目薬の正しい選び方・使い方

市販の目薬についての基礎知識

 

涙が十分に分泌されないドライアイの患者さんが急増中の今、それを反映するかのよ

うに市販の目薬の売り上げが伸びています。たいていの人は、テレビコマーシャルで

の印象や使い心地などでどれを購入するか決めていると思いますが、いくら手軽に入

手できるからといっても、目に直接さす「薬」です。選び方や使い方を誤れば、目に悪い

影響を与えかねません。では、目の乾きや疲れを解消したいときには、どのような成分

の目薬を選べばいいのでしょうか。

ドライアイやモニターを見つめる作業のために目が乾いてしかたがないという場合には、

目の乾きを防ぎ、涙にかわって角膜に酸素と栄養を補給するようなはたらきのあるもの

が最適です。このため防腐剤が入っておらず、涙とほぼ同じ成分であることが理想です。

目の乾きに加えて疲れが激しいときには、ビタミンB2・B6・B12やL-アスパラギン酸カリ

ウム、ラビンアデニンヌクレオチドなどが含まれているものがよいでしょう。

また、目のかすみがひどいときには塩酸テトラヒドロゾブリンが、充血を抑えるには塩酸

ファゾリン、メチル硫酸ネオスチグミンが有効です。

目薬に記載されている成分表を参考に、選んでみてください。

 

 

目薬と防腐剤

 

目薬は防腐剤の入っていないものを選ぶようにといいましたが、実際には市販されて

いる目薬のほとんどが防腐剤を添加した製品です。目薬をさしたときに、しみるような

なんともいえないさし心地を経験したことがある人も多いと思いますが、実はこの正体

が防腐剤なのです。これは開封後の薬品に雑菌が増殖するのを防ぐための措置です

が、からだにけっして無害というわけではありません。実際、こうした目薬を頻繁に使

っていたために、目の表面を傷めてしまったりアレルギーを起こしてしまったという例も

あります。

 

特に涙の分泌量が減少しているときには、目薬の成分が涙で薄められず、濃いままの

状態で作用しています。つまり、それだけ防腐剤の影響を強く受けやすいといえます。

また、コンタクトレンズを使用している人も防腐剤には注意が必要です。涙が減ってい

るコンタクトレンズ使用者が防腐剤入りの目薬を使うと、成分がレンズに付着して目に

に過度の刺激を与えてしまうからです。このため、防腐剤の入っていない1回ごとの使

いきりタイプのものが適しています。

そしてどんな目薬を使うにしても、清潔さを保つことが大切です。雑菌の繁殖をふせぐ

ため、点眼するときに容器の先を目につけないように気をつけてください。また、使用

期限と保管方法を守り、他人との貸し借りを避けることも必要です。

 


BBS7.COM
MENURNDNEXT

視力回復掲示板
  • SEOブログパーツ