コンタクトや眼鏡を使わない生活をあきらめていませんか? トレーニングや治療によって、視力を回復させることはできるのです!

TOP > 視力回復のために > 眼に負担をかけている現代人

眼に負担をかけている現代人

日常生活で眼に負担をかけています

 

いまや、眼のトラブル、を抱えている日本人の数は約9000万人にものぼる

と言われています。科学がこれほど発達していなかった時代、人は日の出と

ともに起きて働き、日が沈んだら休むという生活をしていました。

 

ところが、現代はというと、夜も煌々とした明かりの下で活動できるようになり

おかげで眼も長時間働きづめの状態が普通になってしまいました。さらに、テ

レビやパソコン、携帯電話など、私たちの周りには、眼に悪いもの、がいっぱい

です。文明の進歩が、私たちにさまざまな恩恵をもたらしてくれたことは今さら

いうまでもありません。しかし、反面それが眼にとって劣悪な環境を作り出して

しまった事も、また事実なのです。

 

現在でも、たとえばアボリジニーと呼ばれるオーストラリアの先住民たちは、驚

異的な視力の持ち主としてよく知られています。また、テレビなどですっかりおな

じみのあのオスマン・サンコンさんは、ギニア共和国出身の方ですが、日本に来

た当初、なんと6.0の視力だったといいます。

 

そういう事から、いかに現代人が眼に悪い生活環境を送っているかが分かると思

います。

 


BBS7.COM
MENURNDNEXT

視力回復掲示板
  • SEOブログパーツ