債務整理は、様々な対処法があります。『債務整理の相談窓口』は、誰にも相談できない債務の悩みを解決するための債務整理についての情報サイトです。

自分の借金総額を知る

借金を解決する第一歩は現在の借金総額を知る

 

多重債務者と呼ばれる人々は、支払不能状態なのに「今月はなんとかなる」

「まだ、大丈夫」「どうにかなるだろう」と思っているふしがあります。複数の業者

から借金を続けていると、毎月のやり繰りはできてしまうので、肝心の借り入れ

総額への意識は失われています。

しかし、やり繰りはどこかで行き詰まり、いつかはきっと破綻してしまいます。

借金トラブルを解決するには、まず債務者自身(借金を抱えている人)が、自分

の借金を知ることが大切です。借金の総額を知らなければ、自分の収入で返済

しきれるかどうかも判断できません。ひいては、これから紹介していく借金整理

を行うべきかどうかもわかりません。

借金トラブルを解決する第一歩は、現在の借金総額を知ること。そう得て、まず

借金総額がいくらなのかを把握することに努めてください。

 

---------------------------------------------------------------------- 

滞納した家賃も光熱費も借金

 

しかし、借金総額を知ろうにも、どれとどれが借金なのか、わかなければ、把握

のしようがありません。それに何が借金なのかということを把握しておかないと、

手続きの後半になって「隠れた借金が出てきた」ということにもなりかねません。

多くの人は、借金というと銀行ローン、サラ金、カードキャッシングを思い浮かべ

ます。けれど、借金はそれだけではありません。

たとえば、リボ払いで購入した高額商品。ローンを組んで自動車や家電製品を

購入し、いまだ完済していない場合、残りのローンは借金です。たとえ商品自体

が手元にあっても、所有権はローン会社にあります。商品を売却してしまうと、

刑法上は他人のモノを処分したと判断され横領罪になってしまいます。

また、誰かの保証人になっている場合も、その保証額が保証人の借金なります。

なお、家賃、電話料金、光熱費を滞納している場合も、法律上は借金となります。

家賃滞納のまま転居した際の未払い家賃も当然、借金に含まれます。

このように、正確に自分の借金を数え上げていくと、予想以上の金額に膨らむ

可能性があります。借金の総額次第で、どのような借金整理の方法をとるかが

変わってきますから、まずは自分がいくら借金をしているのかを正確に知ること

が必要です。

 

<<TOP      NEXT>> 

多重債務からの脱出
債務整理の基礎知識
債務整理の種類
任意整理について
特定調停について
個人再生について
自己破産について
過払い金について
債務整理 ~番外編~
ヤミ金
コラム
資料
相互リンク集
お問い合わせ

RMT-WM

総合検索エンジン★Toplinkサーチ
ページランクアップサーチエンジン
簡単お手軽ダイエットの方法
はじめてのインプラント治療
資格取得ガイド
目指せネイリスト ネイル検定情報
初心者のためのFX講座
視力回復のために
楽々お引越しサイト。
  • SEOブログパーツ