債務整理は、様々な対処法があります。『債務整理の相談窓口』は、誰にも相談できない債務の悩みを解決するための債務整理についての情報サイトです。

利息制限法と出資法

サラ金、カードローンは返しすぎている可能性あり

 

借金総額を把握したら、次に大事なのはその借金が本当に支払う

必要があるのかどうかを考えます。特に、サラ金や信販系のカード

ローンの場合には注意が必要です。

すこし難しい話になりますが、借金の利息を規制する法律は2種類

存在します。出資法利息制限法です。

以前までの業者は、出資法に基づいて高い金利を取っていました。

しかし、平成18年の最高裁判所の判決によって、業者が高い金利

を要求することができなくなりました。その結果、今まで返済してきた

お金が、実は返しすぎだったという可能性があるのです。

借金に苦しんでいる人が弁護士に相談にいくと、弁護士は出資法で

はなく利息制限法に基づいて、本当に返済しなければいけない金額

を計算してくれます。

この計算を利息制限法に基づいた利息の引き直し計算と呼びます。

業者から請求されている金額を、そのまま鵜呑みにして、絶望する

のは意味がありません。弁護士、司法書士のところに相談いけば、

専門家はきちんと相談したうえで本当の借金額を教えてくれます。

借金のなかに消費者金融や信販系カードローンが含まれているなら、

返しすぎていた借金が手元に返ってくる可能性があります。借金に

対するイメージを柔軟にして、自分の借金を見つめ直しましょう。

 

-------------------------------------------------------------------

 

銀行からの借入の場合はどうなるか

 

サラ金や信販系カードローンの借金については、返しすぎの可能性が

ありますが、銀行からの借金の場合は、返しすぎている可能性はありま

せん。消費者金融や信販会社と違い、利息制限法より低い利率に設定

しているからです。そのため、利息制限法に基づいて利息を再計算して

も意味がありません。

では、銀行からの借入を抱えている場合、弁護士に依頼しても借金は減ら

ないのかというと、そうでもないのです。銀行からの借入ている場合でも、

弁護士に依頼するメリットは十分にあります。確かに、利息制限法よりも低い

利率を設定している銀行の残元金は減らせません。

しかし、任意整理という方法っで整理をすると、銀行であっても将来支払うこと

になる利息を支払わなくてもよくなります。これを将来利息といいます。

 

<<TOP      NEXT>> 

多重債務からの脱出
債務整理の基礎知識
債務整理の種類
任意整理について
特定調停について
個人再生について
自己破産について
過払い金について
債務整理 ~番外編~
ヤミ金
コラム
資料
相互リンク集
お問い合わせ

RMT-WM

総合検索エンジン★Toplinkサーチ
ページランクアップサーチエンジン
簡単お手軽ダイエットの方法
はじめてのインプラント治療
資格取得ガイド
目指せネイリスト ネイル検定情報
初心者のためのFX講座
視力回復のために
楽々お引越しサイト。
  • SEOブログパーツ