債務整理は、様々な対処法があります。『債務整理の相談窓口』は、誰にも相談できない債務の悩みを解決するための債務整理についての情報サイトです。

借金の理由

返せないくらいに借金が膨らんだ理由

 

借金が膨らむ理由はさまざまです。ただ過度のギャンブルや遊興費、飲食費

で借金を増やしていった場合は、注意しなければいけません。破産手続き

いう方法で借金整理を行う際には、借金の理由が手続きの進行を左右します。

破産手続きを選択する場合、手続きの最後には債務者に免責という法的効果

が与えられます。免責とは、債権者があなたの借金の支払いを求めることが

できなくなる法的効果を意味します。つまり、手続き終了後は支払いを求められ

なくなるからこそ、裁判所は債務者の借入動機を詳しく審査します。

難しい話になりますが、破産手続きは破産法に基づいて進められます。その

破産法上、借入を

①ギャンブル

②投資、投機行為

③飲食代などの交際費

④そのほかの遊興費

に用いている場合には、免責不許可事由(免責が与えられない理由)として

あげられてしまいます。

病気のために生活費が不足して、やむなく借入をした、事業のために借入した、

教育費を借金でまかなった、という動機に比べると、ギャンブルや高価な飲食は

借金をしてまで行う必要のない動機であると判断されるからです。

破産手続きは、多くの場合、法的に支払義務を免れることのできる免責許可

得るために利用されています。免責不許可事由があげられて免責を得られない

のであれば、破産手続きを利用する意味はありません。

もちろん、免責不許可事由があれば、免責を絶対に受けれない=一生借金を払い

続けなければならない、ということではありません。相応の反省と一定の費用を

積み立てることで、特別に免責を許可される道が残っています。(裁量免責)

借金の使い道の大半がギャンブルだったとしても、免責の可能性はあるのです。

 

--------------------------------------------------------------------

 

自分の態度を改めることが重要

 

借金の理由が手続きの進行を左右するのは破産手続きだけですが、ほかの

手続きでも借金の理由を質問されます。

特定調停という手法では、裁判所から申立に至る経緯について事情を聴かれ

ることがありますし、個人再生という手続きでも、申立に至る事情を裁判所に

報告する必要があります。

任意整理という方法も、多くは分割弁済によって借金を払っていく方法をとり

ますから、借金をした人がきちんと分割弁済していけるかどうかを検討する

ために、借金を抱えるに至った経緯を聴取されるでしょう。特に、ギャンブルや

飲食代が原因で借金がかさんでいるのなら、ギャンブル依存症、アルコール

依存症との関係も考えられます。もしそうなら、毎月支払いを続けていけるか

どうかを弁護士が確認しなければいけません。

借金をした理由が、自分の生活習慣、生活態度にあるのなら、なんとかして

改めなければなりません。借金を始める前に、生活態度を改善してください。

借金を整理してから改めるという曖昧な態度では、弁護士も裁判所も親身に

なってくれないはずです。

借金整理を決意した時点で、今までの生活を直していくという覚悟を持ち

ましょう。そうした前向きな態度が、借金整理を進めていくうえでも、きっとよい

結果をもたらすはずです。

 

<<TOP      NEXT>>

多重債務からの脱出
債務整理の基礎知識
債務整理の種類
任意整理について
特定調停について
個人再生について
自己破産について
過払い金について
債務整理 ~番外編~
ヤミ金
コラム
資料
相互リンク集
お問い合わせ

RMT-WM

総合検索エンジン★Toplinkサーチ
ページランクアップサーチエンジン
簡単お手軽ダイエットの方法
はじめてのインプラント治療
資格取得ガイド
目指せネイリスト ネイル検定情報
初心者のためのFX講座
視力回復のために
楽々お引越しサイト。
  • SEOブログパーツ