債務整理は、様々な対処法があります。『債務整理の相談窓口』は、誰にも相談できない債務の悩みを解決するための債務整理についての情報サイトです。

任意整理の流れ

受任通知で督促が止まる

 

任意整理手続きは、業者と交渉して、返済額、返済方法を合意し借金問題を

解決する方法です。

借金に苦しんでいる人が弁護士事務所を訪れると、まずは事情聴取が始まり

ます。このとき、相談者が債務一覧表を作成し持っていくと、相談はスムーズ

に進みます。相談者と弁護士の間で委任契約が成立すると、弁護士は代理人

として、各業者に受任通知を送付し取引履歴の開示を求めます。

ここでいう受任通知とは、債権者に対し債務者が弁護士を依頼したことを

知らせる手紙のことです。

弁護士から受任通知を受け取ると、業者は債務者に直接、取立て行為をする

ことができなくなります。支払いが遅れて、取立てに悩んでいる人の悩みは、

弁護士が受任通知を送付することで、その苦しみが解消されます。

 

-------------------------------------------------------------------

 

返済計画を実施できるかリハーサルをする

 

取引履歴とは、債権者と債務者の間で、いつどれだけ借りてどれだけ返したか

という取引を一覧にしたものです。

取引履歴が弁護士のもとに出揃うと、弁護士は利息制限法に基づいた再計算を

行います。再計算をして債務額が減れば、そちらが本当の債務額ですし、マイナス

になれば、それは過払い金となります。過払い金がある場合は、業者に返還を求め

ていきます。

多くの弁護士は、債務調査を進める一方で、弁護士に毎月の返済額を積み立てる

よう、依頼者に指示します。(弁護士によって異なる)

収入の範囲内で毎月の返済が可能かどうかを確認するためです。いわば本番前の

リハーサルといえます。このリハーサルで失敗すると、任意整理を諦めて別の借金

整理方法を選ぶことになりますから、必ず実行するようにしてください。

本当の借金がわかれば、弁護士は依頼者と相談しながら返済計画を立てます。

この際には、依頼者の生活状況や所得、積み立ての状況も考慮の対象とされます。

無理があれば返済計画は失敗しますから、慎重に検討するようにしてください。

これなら確実に返していけそうだ、という返済計画ができて、ようやく弁護士は

業者との交渉にあたることになります。それぞれの業者と合意に至れば、返済計画

のスタートです。ちなみに任意整理という方法では、債務者は原則3年間にわたって

支払いをしなければいけません。

 

-------------------------------------------------------------------

 

任意整理手続きの流れ(弁護士依頼)

 

弁護士に依頼

弁護士から業者に受任通知を送付

取引履歴の開示を求める

業者が取引履歴を開示

利息制限法に基づく再計算により

本当の債務額を確認

毎月の返済可能額をもとに返済計画を立案

弁護士が業者と交渉

業者が合意する

返済実行

 

<<TOP      NEXT>>

多重債務からの脱出
債務整理の基礎知識
債務整理の種類
任意整理について
特定調停について
個人再生について
自己破産について
過払い金について
債務整理 ~番外編~
ヤミ金
コラム
資料
相互リンク集
お問い合わせ

RMT-WM

総合検索エンジン★Toplinkサーチ
ページランクアップサーチエンジン
簡単お手軽ダイエットの方法
はじめてのインプラント治療
資格取得ガイド
目指せネイリスト ネイル検定情報
初心者のためのFX講座
視力回復のために
楽々お引越しサイト。
  • SEOブログパーツ