債務整理は、様々な対処法があります。『債務整理の相談窓口』は、誰にも相談できない債務の悩みを解決するための債務整理についての情報サイトです。

一括払いのメリット

まとまったお金が用意できれば一括払いを選ぼう

 

まとまった金額を揃えることが可能な債務者は、一括払いを選ぶこともできます。

一括払いは、家族や親族などの協力からまとまったお金を用意できる人が行い

ます。その最大のメリットは、利息制限法で引き直した額よりも少ない金額で和解

ができるということです。よくて7割、悪くて9割の残元金を払うことで、借金整理が

すんでしまいます。総債務額が300万円であれば、3割カットで90万円、200万

円であれば3割りカットで60万円も債務額が減ります。

債務者の利益はたいへん大きいので、まとまった資金の調達が見込める場合には、

一括弁済を選ぶほうがよいでしょう。

 

-------------------------------------------------------------------

 

債権者は平等に扱わなければいけない

 

一括払いで解決する場合、債権者を平等に取り扱うことが要請されます。それゆえ、

支払う割合は業者それぞれ同じでなければなりません。

たとえば、返済資金として300万円を用意できたが、債権者5社に400万円の残

債務がある場合、債権者5社への一括弁済の支払い提案は、残債務の75%で

行われます。75%の支払い提案に全債権者が応じない場合は、改めて支払い

割合を高めて提示することになります。

 

--------------------------------------------------------------------

 

一括弁済を行う場合の注意点

 

一括弁済の効果が大きいのは理解してもらえたと思いますが、専門家に依頼せず

独自に業者と交渉して一括弁済をする場合には注意が必要です。業者が利息制限

法による引き直し計算をすることなく、少し減額するという形で和解を進めてくる場合

があるからです。

業者は出資法に基づいた高利息をとっています。ですから、業者の主張する8割が、

利息制限法で引き直した金額の8割よりも相当高い金額である可能性があります。

もし、親族から返済資金を借りて借金問題を解決しようとするなら、弁護士に依頼し

て一括弁済をするのがよいでしょう。専門家に頼まずに、家族の協力だけで完済し

たが、再び借金を抱えてしまったという人もいます。業者にとって、こういう人は完済

できる良質な顧客ということになるのです。

当然、業者は再びお金を貸してきます。これでは、せっかく家族の援助で残元金を

支払っても、その協力は水の泡となってしまいます。

専門家に依頼すれば、確かに費用がかかります。しかし専門家に依頼すると、業者

にとってその顧客は要注意人物となり、融資の案内も少なくなります。

一括弁済をしようとする場合には、専門家に相談してみることをオススメします。

 

<<TOP      NEXT>>

多重債務からの脱出
債務整理の基礎知識
債務整理の種類
任意整理について
特定調停について
個人再生について
自己破産について
過払い金について
債務整理 ~番外編~
ヤミ金
コラム
資料
相互リンク集
お問い合わせ

RMT-WM

総合検索エンジン★Toplinkサーチ
ページランクアップサーチエンジン
簡単お手軽ダイエットの方法
はじめてのインプラント治療
資格取得ガイド
目指せネイリスト ネイル検定情報
初心者のためのFX講座
視力回復のために
楽々お引越しサイト。
  • SEOブログパーツ