債務整理は、様々な対処法があります。『債務整理の相談窓口』は、誰にも相談できない債務の悩みを解決するための債務整理についての情報サイトです。

特定調停の運用に問題あり

簡易裁判所のなかには、特定調停法を債務者の経済的再生という趣旨に

反した運用をしているところがあるようです。

以下のような事例です。

 

問題点①

債権者が求めていないのに、裁判所の書記官が債務者に保証人を

立てさせる

弁護士が行う任意整理手続きにおいては、債権者から保証人を求められ

ることはありません。このような指示は新たな債務者をつくりだすことになり、

極めて問題です。

 

問題点②

支払計画が確実に履行できるよう申立人以外に援助を求め、援助者

に援助することの承諾書の提出を求める

債務者自身に援助者の協力を求めるよう助言するほかに、援助者に承諾書

の提出まで求めることは行きすぎといえます。

 

裁判所からの指示であっても、おかしい、納得できない、という場合には、

すぐに弁護士に相談して、裁判所の運用について抗議をしてもらうとよい

でしょう。

 

<<TOP      NEXT>>

多重債務からの脱出
債務整理の基礎知識
債務整理の種類
任意整理について
特定調停について
個人再生について
自己破産について
過払い金について
債務整理 ~番外編~
ヤミ金
コラム
資料
相互リンク集
お問い合わせ

RMT-WM

総合検索エンジン★Toplinkサーチ
ページランクアップサーチエンジン
簡単お手軽ダイエットの方法
はじめてのインプラント治療
資格取得ガイド
目指せネイリスト ネイル検定情報
初心者のためのFX講座
視力回復のために
楽々お引越しサイト。
  • SEOブログパーツ