債務整理は、様々な対処法があります。『債務整理の相談窓口』は、誰にも相談できない債務の悩みを解決するための債務整理についての情報サイトです。

取引履歴の開示を断られたら

初回からの取引履歴か確認する

 

貸金業者から取引履歴が開示されたら、まずはその開示された取引履歴が

初回からの取引履歴かどうか確認しましょう。

貸金業者の中には、取引履歴の最初の部分を既に廃棄したため、途中から

の取引履歴しか開示してこない場合があります。そのため、全部の取引履歴

が開示されているかどうかを確認するために、取引履歴が開示されたら、まず

は一番最初の取引内容を確認しましょう。途中からの開示の場合には、最初

の取引の時点で既に残高が記載されている場合があります。この場合には、

再度取引履歴の開示請求をしなければなりません。再度の開示請求にもかか

わらず、初回からの取引履歴が開示されない場合には、監督官庁に行政指導

をするように申し出ます。

 

--------------------------------------------------------------------

 

取引履歴がないと言われた!

 

貸金業者は、保存期間を経過しているものも含め、実際に保存している取引

履歴については開示する義務があり、これを廃棄したり隠したりすることは、

開示を不当に拒否することで、行政処分の対象になります。

取引履歴の開示を依頼したら、「返済は銀行のATMで行っているはずだから

伝票を残しておかない方が悪いのだ!」などと、理由をつけて履歴の開示を

断られたという例があります。これは、業者側にとって都合の悪いことが起こ

ると予測しているからだと思って間違いありません。法的な開示義務があるこ

とは、業者自身も重々承知の上です。

正当な理由のない開示拒否は、貸金業規制法に違反し、営業の一部停止や

貸金業務停止の行政処分を受けることなります。法的な義務をはっきり伝えて

も開示しない場合には、全国各地にある財務局か都道府県の金融課に「行政

指導ならびに行政処分を求める申告書」を送り、行政指導を頼んでみよう。

 

--------------------------------------------------------------------

 

取引履歴を請求したらゼロ和解を要求してきた

 

取引履歴開示の請求をすると、貸金業者側が「ゼロ和解をしませんか」と言っ

てくることがあります。こんなときは、過払い金が発生していると思って間違い

ありません。すぐにその要求に応じないで、まず取引履歴の開示請求をします。

取引履歴を開示してもらった上で、過払い金がいくらになっているか確かめる

ことが必要です。

 

<<TOP      NEXT>>

多重債務からの脱出
債務整理の基礎知識
債務整理の種類
任意整理について
特定調停について
個人再生について
自己破産について
過払い金について
債務整理 ~番外編~
ヤミ金
コラム
資料
相互リンク集
お問い合わせ

RMT-WM

総合検索エンジン★Toplinkサーチ
ページランクアップサーチエンジン
簡単お手軽ダイエットの方法
はじめてのインプラント治療
資格取得ガイド
目指せネイリスト ネイル検定情報
初心者のためのFX講座
視力回復のために
楽々お引越しサイト。
  • SEOブログパーツ